甘酸っぱく迫ってくる『イニシエーション・ラブ』

 話題の映画『イニシエーション・ラブ』(乾くるみ原作)をみてきました。
 原作の小説はかなり以前に読んでいて好きな作品ではあるのですが、読み終えた当時、いやこれは絶対映像化不可能だぞって感じたこともあり、映画が製作されるというニュースをみたときはかなり仰天しました。

 え? いや、絶対無理だって。いくら天才堤幸彦監督でもこれは撮れないって。
 そのときはそう思いました。

 でも映画をみたとき心のなかで思わず叫びました。

 この手があったかぁぁぁ!!

 クマムシも歌います(本当は歌いません)。

 あったかいんだからぁ…

 映画をみる前は、ヒロイン役はマエアツ(前田敦子)じゃなくこじるり(小島瑠璃子)がいいなあ、と思ってました。
 こじるりのほうがおっぱいが大きいからです。

前田敦子小島瑠璃子比較

 でも映画を見終わると、前田敦子がこの作品のヒロイン役にぴったりだなあと思えてくるから不思議です。
 こじるりだと、この手のラブストーリーには少し健康的すぎるかも。

 小説を読んでから映画をみるのがいいか、映画をみてから小説を読むのがいいのか、迷うところでしょうが、この映画を純粋に楽しみたいのなら、映画をみてから小説を読むべきでしょう。

 原作既読の私は不幸にしてその方法をチョイスできませんでした。
 それでもこの映画を大いに楽しめたのでとくに文句はありません。
 この作品の随所にちりばめられた、恋愛初心者時代のデートあるあるは万人に甘酸っぱく迫ってくるのではないでしょうか。

イニシエーション・ラブ (文春文庫)
イニシエーション・ラブ [Kindle版]